子どもをバイリンガルに育てたい方必読!

>

バイリンガル育児に成功した方の実施例

バイリンガル育児のニーズに比例して英語教室や英語教材などもたくさん存在し、利用者も増えてきています。
何をやったらバイリンガルになるのか?と気になっている方も多いので、実際にバイリンガル育児に成功した方の例をいくつか紹介します。
まず、成功の秘訣として最も多かったものは、「忍耐力=継続」です。
毎日、数十分でも英語の時間を作り、結果を信じて辛抱強く、子どもの頭の中の英語コップが満たされていくのを待つことだそうです。
途中でやめてしまうと意味がないようですので、結果を焦らないことが重要です。
次に、良いと思ったこと、聞いたことを人の意見に左右されずにやり遂げることです。
ブツブツ言った外野の方が、英語をやらなかった責任を持ってくれる訳でもないので、親が子どもをバイリンガルにしよう!という意思を持って、決めたことをやり続けることが成功へと繋がるようです。

バイリンガル育児に必要なポイントとは

英語が苦手な大人こそ、子どもには苦労して欲しくないという気持ちから、バイリンガルに育てたい!と熱望する方も多いようです。
そのため、生まれてすぐのまだ日本語もわからないうちに、英語を習得してしまえば苦手意識がなくなるのでは?と考える方もいるようですが、言葉の優先順位を間違えてしまうと大変です。
複数言語環境で育つ子どもの多くは、言語軸となる母語が弱くなる傾向があり、それは情緒不安定や学習不振に陥ることもあります。
バイリンガル育児に成功した方でも色々な意見がありますが、バイリンガル育児の成功には「乳幼児期の母語の土台形成」が不可欠です。
母語として、しっかりと日本語を習得することで、精神的安定も得られ、更にはしっかりとしたアイデンティティーを形成するためにはとても重要なことです。


英語教育を始める時期と必要性

この記事をシェアする