子どもをバイリンガルに育てたい方必読!

>

子どもの頭の中に2つのコップをつくろう

バイリンガルに育てるためには、まず、頭の中に日本語と英語の2つのコップを用意します。
2つのコップは、それぞれの言葉で満たされることによって、口から話し言葉として出てきます。
そのため、どちらのコップも入ってくる言葉が少ないと、なかなか話し言葉としては出てこないことになります。
従って、両親が生粋の日本人である場合、日本語のコップが先に満たされ、子どもは口から日本語を発するようになり、英語のコップを満たしたい場合は、英語を入れてあげる必要があります。
しかし、日本語話者の両親が突然、英語で話しかけたり、「○は日本語で●、英語だと×」と教えても、それぞれの言語と認識されないため、英語のコップには溜まらず、むしろ全て日本語のコップに溜まります。
大切なことは、日本語と英語を混ぜずに区別することです。
英語のコップを満たすためには、英語話者とのコミュニケーションが必要なようです。

おうち英語教育で目指せバイリンガル!

まず、バイリンガルには日本語と英語の思考回路が必要となります。
しかし、基本的には、日本語話者からは日本語の思考回路しか作られないため、英語の思考回路を作るためには、英語話者との接触が必要となります。
ただ、英語スクールに通わせるには、結構な費用がかかります。
費用を掛けずにおうちでバイリンガルに育てる方法を紹介します。
ずばり両親の言語分担です。
例えば、父親が英語担当、母親が日本語担当、と言語を分担し、基本的に担当の言語でしか話さないようにします。
すると、子どもの頭の中には、自然と日本語と英語の思考回路が出来上がり、父親には英語で、母親には日本語で話しかけるようになるようです。
既に日本語優位になってしまったお子さんにも有効な方法があります。
英語で話しかけ、次に同じ内容を日本語で伝え、もう一度英語で問いかけるサンドイッチ法です。
しばらく続けると、子どもは最初の英語だけで通じるようになるようです。


日本語と英語の思考回路を作るための家庭での接し方

この記事をシェアする